ウィットに富んだ人生を送ってみたい

ウィットに富んだ人生を送ってみたい

真面目な中にも、ちょっとしたウィットのある人生を送れれば、楽しいのではないでしょう。
ウィットとはユーモアや余裕を含むことです。
例えば会話の中にもウィットさがあれば、その空間を和ませることができます。
もちろん仕事の話や話をしている人の性格等々を考えて、使う必要はあります。
1つ例に挙げると…先日、後輩から結婚式に行く服装を尋ねられました。
スーツでなく普段の格好でお越しください…
私はこう答えました。
「何を着ていいのかわからないなら、一番に結婚式場へ行けばいいよ。」
「そうすれば次から来る人たちは、自分が間違えたかも?と思うから。」
これがウィットかどうかはわかりませんが、個人的にはちょっと洒落た答えじゃないかと自画自賛しています。
頭の回転を速くするためにも、ウィットに富んだ人生を。